vi 揺らす純心 「ひぐらしのなく頃に解」イメージアルバム こころむすび感想
同人音楽、ゲーム、アニメ、聲優などについて、いろいろなことを喋る場所

「ひぐらしのなく頃に解」イメージアルバム こころむすび感想
01.「紡ぎばなし」 作・編曲:onoken
onoken的BGM,呀,听了后就感觉,这是寒蝉!又悲伤,却又充满着希望的曲子

02.「月下の決闘者」 Vo:TERRA、片霧烈火 作詞:片霧烈火 作曲:setzer 編曲:MintJam
TERRA和片姐一起燃!这首是K1的image吧@@?为了正义!为了明天!XDD只有K1才可以这么自然的喊出这么热血aho的口号XD于是也是这张VO里唯一的男声TERRA燃叫

03.「common wish」 Vo:癒月 作詞:癒月 作・編曲:Morrigan
有交响的感觉,愈月的声音哈女王!那么就当是女王在为大家鼓励吧ww不管是什么困难,不管遇到什么,最后的最后都不要放弃,相信会迎来胜利的,前进吧!

04.「integral integral」 Vo:Annabel(anNina) 作詞:interface 作・編曲:inazawa(anNina)
绝望−Annabel的声音果然好新居阿!绝望的歌词,?暗的嗓音,烦躁的杂音,迷幻的旋律。耳边传来谁的声音,不管怎么吼叫都无法传递到

05.「少女の薄明」 Vo:霜月はるか 作詞:霜月はるか 作・編曲:zts
好久没有听到霜月唱这种低吟系了,飘嘘−不定因子,合声大美,zts神!话说里面都神。。。这首我觉得是沙都子的image。无法改变的命运,没有意义的愿望,我知道,我知道,即使这样我也祈祷

06.「陽炎」 Vo:結月そら 作詞:結月そら 作・編曲:天門
天门阿天门阿!结月的大妈声==厄= =曲子开头部分每句前半部分很像you阿,刻意的吗?许多的愿望,紧连在一起,总有一天会实现,坚信着

07.「入魂撃破! 〜君を守るために〜」 Vo:綾菓(風葉) 作詞:綾菓(風葉) 作・編曲:来兎(風葉)
赤坂!赤坂拉拉队歌XDDDDDD!!!这么有冲劲的歌,配着風葉粗狂的声音(顺便一提同系的葉山りく,她声音粗过头我大讨厌==風葉这样正好〜)被你需要,吸引到这里来,知道使命;为了和你再见面,为了你战斗,发誓着XDDDD女王发誓歌XDDD

08.「ワタシのタメのセカイのアリカタ」 Vo:片霧烈火 作詞:片霧烈火 作・編曲:大嶋啓之
片雾果然喜欢梨花。。。我就说片雾为啥最近老堕落唱萌歌是以“我要像梨花一样萌”这样的目标前进−−不过这张又回来了》w《特别是第一首好成熟!强大!这首歌词也直接的喷XD是女王表决心要改变世界阿!曲方面由1期ED大嶋担当,火星猴XD
我叫喊着“幸福的权力”
我叫喊着“重构的权力”
我叫喊着“大家应该都在”
我叫喊着,救我−


09.「祭囃しが聞こえる」 Vo:茶太 作詞:茶太 作・編曲:bassy
茶兔子Xbassy,欢乐的歌,跳跃的少女声唱出了日常镜像。大家高声谈笑着,走着往常所走的道路。手牵手追着互相的影子,大家一起走到何方,超越今天!

10.「こころむすび」
Vo:こころむすびオールスターズ(片霧烈火、TERRA、癒月、Annabel、霜月はるか、結月そら、綾菓、茶太) Lyrics:片霧烈火
Lyrics監修:竜騎士07
Compose:dai
Arrangement:礒江俊道
Strings Arrangement:加藤敏樹
最后一首主打歌。歌词是由片雾写,龙骑士亲自修改的。旋律竟然是you!vo则是由全体人员一起。听得真是可以热泪TAT!
顺序是茶太开头,结月接;綾菓(走音了OTL),霜月接;合唱的部分传出了大家熟悉的you主旋律。Annabel,癒月接(高音部分很吃力−−),合唱。TERRA(叔你吊嗓子哈美!),片雾接(不愧!高音多轻松!)合唱,片雾拉长音,大家一起啦啦啦(燃死了!)最后段是you的歌词阿阿阿!先愈月再片雾,完美的结束了

总评:
最近难得的神作阿!!不管是VO还是曲方面都汇集了同人界出身的最强阵容!然后就是这次的作词方面,实在是太贴切了,每句话都可以想到作品里的场景,燃!

Comment

 秘密にする

囧[望窗外]
为什么喜欢LOLI要掩饰nya~~~XDDDDDDD[PIA飞]
| URL | 2007/12/31/Mon 21:54[EDIT]
伪!!!片在掩饰自己喜欢loliXDDD!!(殴
myu | URL | 2007/12/31/Mon 20:02[EDIT]
這張碟是近來難得的神作!!![肯定狀]
聽的我心中充滿了愛XDDDDD
另指出<ワタシのタメのセカイのアリカタ>是寫鷹野的。。。
==>
08.「ワタシのタメのセカイのアリカタ」
歌唱:片霧烈火 作詞:片霧烈火 作曲:大嶋啓之 編曲:大嶋啓之

【烈火さんによるコメント】
私は、鷹野三四さんというひとが大好きです。彼女は、なにかを誤ったとはいえ、大事なもののために必死に生
きてきたはずなのに。どうしてこうなってしまったんだろうと、彼女の視点から嘆いていました。そんな想いを、大嶋さんは企画書に書いた以上に汲み取ってくれて、とても素晴らしく表現してくれました。切なくて、辛くて、どうしようもないほどのやりきれなさを、自分は叫ぶように歌っただけ、なのです。

| URL | 2007/12/31/Mon 11:52[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 揺らす純心. all rights reserved.